彼女のプロセス 1

この物語は

師匠の導きの中での、彼女のプロセス。

彼女の意識と思考・感覚が織りなす世界をお楽しみください。


貴女はプロセスを楽しみきっていますか?
貴女のプロセスは貴女だけの宝物。

-----------------------------------------------------------

 
 彼女は常に答えを求めていた。
                
 
 答えを出すには、自力の検証が必要で、検証は自分でしてこそ意味がある。
 さもないと、ただ聴いた話、見た話、ただ分かった話になる。
 それは、表面上であり、相手の答えをただただ鵜呑みにするだけとなる。。

 
 彼女は、色んなことを聴いてきた。見てきた。やってみた。
 まだまだ足りないくらいだ。
 実際に見ないとやってみないと気がすまないタイプなのだ。

 しかし、今まで検証までは至らなかった。
 聴くこと。見る事、やってみたことが多いからこそ、
 なぜ?も多くなっていたのだ。
 経験だけでは分からない。
 検証してこそ解ることがある。


 検証の必要性は、師からの教えである。


 その検証の方法や、手立ては、師匠が常に導いてくれている。

 
 彼女はもちろん検証の仕方、方法なぞ知らない。始めてのことから始まった。
 必要性もよく分からないところから始まった。
 正直、クッソーーと思うこともあっただろう。
 汗も・涙も・流し、そして時には足掻き(あがき)、もがき、かわいらしさがある暴言も時にはあっただろう。。
 多少のかわいらしさのある暴言は、師はさら~と聴き流してくれていた。
 かわいらしさのない暴言は、すぐさま謝るかわいらしさも彼女にはあった。なので許された。


 
 検証には、時間も要し、忍耐力も必要だ。
 自分を信じ切ることも必要だ。
 自分を信じ切れるかどうかの検証にもなっているのか。。と思うほどに。
 

 
  人は時に、何かに疑いを持つこともあるだろう。
  それは、誰でもない。他でもない。なんのせいでもない。
  自分自身を信じ切れていない時である。
 
  幸いなことに、そこは彼女はすでに知っていた。
  なので、多少の心の動揺や変動にはその都度、臨機応変に対応し、乗り越えていった。




                                                      ・・つづく

 
by atsu_at3 | 2015-03-21 15:04 | 物語
<< 彼女のプロセス 2 師匠の導き 7 >>