人気ブログランキング |

師匠の導き 1

この物語は、師匠と彼女。

「師匠の導きから見い出す、彼女の感覚」です。

 師匠の導きから、彼女の意識と思考・感覚が織りなす世界をお楽しみください。

  貴女は師匠の存在に気づいてますか?
  貴方の師匠は、既にそこにいる。


-----------------------------------------------------------




「聞いただけはなく、分かっただけでなく実際にやれるまで言えるまで伝えられるまで分かったとは言えない。検証までする必要もある。
検証するまでに至るには、時間も要するものだ。そこは避けれない過程でもある」


 

そんな師匠に彼女は出逢った。
出逢った瞬間から、彼女の質問は途切れることはなかった。
毎日、毎時間、数分たりとも質問がないときはないと言っていいほどの質問の嵐だった。
師匠は、毎回丁寧に解りやすく解説し、答えに導いてくれている。


 ヒントは出すが、答えはいつも教えてはくれない。
 「あくまでも答えは自分の中にある。」と師匠は言う。
 自分で答えを出すまで、出てくるまで、かなりかなりかなりの時間と労力を費やしてくれてきている。


 彼女の気づきの段階や、その時々に合わせてヒントやアドバイスをし、
 そのヒントの出し方やアドバイスの仕方、答えの出し方を伝授してくれている。

 その導き方は一遍道理ではない。
 相手に合わせ、相手のレベルに合わせ、その時の状況にも合わせ一番最適な方法を考慮しながらの伝授である。


 彼女はそれを、疑わず、そしてまた、鵜呑みにもせず、実際に常に検証し続けているのだ。

 
 
  それはそれは、長い長い年月である。






                                             ・・・つづく
by atsu_at3 | 2015-03-14 17:00 | 物語
<< 師匠の導き 2 光と波の調和 8    - ±0 - >>