人気ブログランキング |

仕える仕事=使える仕事

人に仕える事。
それができてこそ、力を十分発揮した仕事となり、当然結果にも現れる。
誰に仕えるのか。。

お客様がいて、上司がいて、パートナーがいる。
仕えるその先、その間には誰がいるのか、どこを感じるのか。
その時々に臨機応変仕えどころを的確に仕えることに責任を以って挑むべし

己一人での仕事では自己満足に過ぎない。
そして、仕事はできて当たり前。一つ二つできたからといっていちいち喜んでいる場合ではない。
常に人に求められる人材になるには、相手が求めていることを常に感じる心を持ち合わせる。
自分の立ち位置・必要な力・必要な場所・必要な時・持ちうる力トータルバランスで、相手が何を求め、今何が必要で、時に何をすべきか。感じる心を磨く



時に、自分が責任を以って任される場合もある。
その際には、人にえている責任感に加え、更に1本気持ちを入れ込むことで、
せてください。」と自信のある力強さが必然と出てくる。

常に相手の言いなりや、人任せ、指示待ちは誰にでもできること。
相手の心を感じ、仕事の流れを感じ、身体の動き・鼓動を感じ、相手の右手となり左手となり一体感を感じて仕事に挑む。


その意識があるかどうかで、仕事の質が変わる。
己の心を超えた仕事には、その人の生き様や志が見え隠れする。

そういう仕事・そういう人間でありたい。
by atsu_at3 | 2013-10-06 22:12
<< 仕事と学び 最終章 七つの気 >>