人気ブログランキング |

四季折々、波風立てて

 
☆ 1. 大波・小波 ☆

              


ナミダは、心の。そこには、心が揺れ動くなにかが必ずある。
泣きたいときには、泣いたらいい。その後必ず笑える時がくる。
我慢するから笑えない。堪えるから笑えない。
豪雨でも、小雨でも、必ず雨はやってくる。
傘をさせばいいし、濡れてもいい。
空気(大気)を浄化するにも、草木(精気)を育てるにも雨水は必要不可欠なんだもの。

何かをじるからする。何か訴えるものがあるから涙する。(大波・小波)
涙は決して悪いものではない。涙は何かを気づかせてくれる。

場所が合えば、恵みの雨である。

同じ流すナミダでも、目から流れるただのと、流した涙で元気戻すがある。
清らかな涙は、純粋な涙。涙は心を浄化する。

雨水は、自然の力によっても循環されて純粋な美味しい清水生まれ変わる

産まれたての赤ちゃんは、「ふぎゃー・ふぎゃー」泣きながら産まれてくる。
それが元気な証拠。




------------------------------------------------------------------------------------------------


☆ 2. 新しい風  ☆



流した涙の後には、その時々に必要なが吹く。
雨雲を吹き飛ばし、太陽という笑顔姿を現す

新しい風に乗って、新しい発想が飛んでくる。
笑顔でいられる幸せが、風と共に身に沁みる



------------------------------------------------------------------------------------------------
 


☆ 3. 青い空 ☆


太陽が顔をだしたら、晴れ間が見える。
笑顔のひと時を充分楽しもう♪

日が青いと書いて晴れという。
浅い笑顔の作り笑いは、まだまだ青いのや



------------------------------------------------------------------------------------------------


☆ 4. 白い雲 ☆


青空には、さまざまな雲の種類、雲の流れがある。
決して同じ雲はない。表情も変われば、流れも変わる。

大きさ速度時に色も変えて時と共に流れゆく
表情の豊さ(艶)が、ここにある。



------------------------------------------------------------------------------------------------


☆ 5. 時空間 ☆



雨の日があれば、晴れの日もあり、そして曇りの日もある。

には、グレーな空間があってもいい。
泣くでもなく、笑うでもなく、ごくごく普通に。


笑い飛ばして、飲み明かし、その場しのぎで誤魔化さずに、正直に正面から向き合えばいい。
磁気に逆らわず、に(当て字)。

そんな時期・磁気もあるさ。
そんな空間・大気を楽しもう♪

------------------------------------------------------------------------------------------------

☆ 6. 醍醐味  ☆


無邪気に、感ずるままに。心のままに。
それ以上でも、それ以下でもなく、目を背けず、あるがままに受け止める強い気持ち。

時には雷も。。雪も。。雹も。。。自然には、多くの表情がある。
一つに偏らず、寒い・暑いもあり、風情もある。そこだから四季を楽しめる。

季節の変化、天気の変化、心の変化、表情の変化醍醐味がある。
本気で泣いたり、笑ったり、喜怒哀楽が人の心を豊かにする。

------------------------------------------------------------------------------------------------

☆ 7. 幸福  ☆


笑う門に福来り。

笑いの深さが、心のとなる。

真っ赤に燃える太陽。熱い笑顔を求めて今日もゆく。




                                         


------------------------------------------------------------------------------------------------




☆ 8. あとがき ☆

  長文、最後まで読んでくださった方、速読&熟読、どちらの方も誠に有難うございます。

  女塾の皆様へ
   ここには、七つの気のヒントが隠れています。
   それぞれに何かを感じ、何かを掴んでいただけたら幸いです。

  これからもきまぐれに宜しくお願いいたします(^^)
    
           


                                               
  
by atsu_at3 | 2013-07-21 23:36
<< 第一章  気が効く人 愛は清水のごとし >>