人気ブログランキング |

愛と情熱の炎

厳しさの中に見せる(優しさ)がある。 
優しさの中に見せる(厳しさ)がある。 

(辛口・甘口。好みもあるが、甘辛で。)

厳しい・優しい。決してどちらかに偏らず、足して2で割る中間でもなく。。。


どちらせよすぎるものは、右の耳から左の耳へ通り過ぎていくものである。
(厳しさと優しさは、今までの人生の刺激度で人それぞれ感じ方が違うものである。)


程よいバランスが愛情である。


心が青いと書いてと読む。

心の青い部分を許しあい、高所大所の視点で、優しく・厳しく、を育むのが愛情(心の成長を願う心)
心の青い部分を解りあい、相手と同じ視点で優しくも厳しくも調するのが同情(解る解る~。同調する心)
 

 時に、厳しすぎるかと思うこともある。
 時に、甘すぎるかと思うこともある。

そんなときは、まだまだ心が青い。
心がになれば情熱という炎が燃える。
情熱は、心を無にしてくれる。


愛のある厳しさ。愛のある優しさの中には、情熱というものが存在する。
情熱は人の心を突き動かすエネルギーがある。

時に流れる情熱あるは、青い心を清らかにしてくれる。


厳しくとも優しくとも、そこに愛と情熱を
by atsu_at3 | 2013-07-06 06:30
<< よーく・良く・欲 考えた アメニティライフ仙台 ブ・ロ・グ ♥ >>